突然起こってしまう耳鳴りの対処法|放置すると危険な症状

種類は増えている

耳

家族と一緒に相談する

高齢となった親の耳が聞こえにくくなっているのではないかと心配する人が増えています。一緒に暮らしていなくても、たまたまたずねたときについていたテレビの音が大きいのに驚くといった話はよくあるようです。また電話をしても聞きずらそうな様子が感じられるなど難聴のきざしに気がつくのは本人だけではなさそうです。耳が聞こえずらいという場合には補聴器の使用が勧められています。その前には必ず病院に行き、医師に診察をしてもらう必要があります。本人が行きたがらないということも多いようですが、その場合は家族が説得して聴力検査を受けることで難聴かどうかを見極めることができます。医師に補聴器を勧められても選び方がわからなければその時に一応聞いてみると良いでしょう。そのときには家族も同伴で医師の話を聞くことが大切です。そして販売店に行った際には専門の技術者に選び方の指導をしてもらえます。もちろんそのときにも家族同伴は必須となります。

両方でなくても良い

耳鼻科などの病院へ行くときだけではなく、補聴器専門店の技術者なども補聴器を選ぶ際には家族同伴を求めています。補聴器の使用を始めても、以前と同じように聞こえるようになるとは限りません。そのため、家族など周囲の人の理解が必要になるからです。難聴を放置しておくと、耳からの情報が少なくなるので、認知症などの心配も出てくるそうです。聞こえなかったものが聞こえるようになれば生活の質も高まり、心配も軽減されるでしょう。しかし値段は決して安いとは言えないので、補聴器の選び方として値段で決めることはなかなか難しくなっています。最近は補聴器の性能の以前よりも進化していて小型化やデジタル化が進んでいます。最終的には本人に合ったものとなりますが、選び方の選択肢は多くなっているようです。金額で躊躇してしまう場合もあるようですが、両耳に使用しなければならないわけではありません。より良い生活をおくるためにも、必要ならば片耳だけでも検討するほうが良いかもしれません。